HOME > ご利用について >信用保証料について
ご利用について
信用保証料について
 
1.財務内容を総合的に評価
 

平成13年3月、経済産業省(中小企業庁)の発案により、中小企業金融の円滑化を支援することを目的に創設されたデータベース「CRD」を利用します。 CRDは平成22年10月現在、200の金融機関等が会員となっており、約277万の中小企業データが蓄積されている中小企業に関する日本最大のデータベースです。 
※匿名データであり、個々の企業を特定したデータベースではありません。

   
 
2.財務以外の要因も加味して料率決定されます
 

財務要因の評価だけではなく、以下の定性要因も加味して料率決定を行います。

(1)有担保保証を利用する場合については、0.1%の割引を行います。

(2)財務諸表の作成に携わった公認会計士または税理士により「中小企業の会計に関する要領」のすべての項目について適用状況の確認が行われていることを示す書類の提出を受けた場合、または会計参与を設置している旨の登記を行った事項を示す書類の提出を受けた場合、0.1%の割引を行います。

※「中小企業の会計に関する要領」に基づく保証料割引は、平成30年3月31日保証申込受付分までの取扱いとなります。

(3)また、弾力化の適用の有無を問わず、千葉県制度サポート短期資金とセーフティネット資金 (知事特認枠を含みます)、再生資金については、0.05%の割引を行います。

(4)特定社債保証制度については、0.1%の割引を行います。

   
 
3.保証料率に関するご照会について
 

保証料を確認した上で保証申込みをしたいという場合や、金融機関が中小企業者に保証付融資を紹介する際、あらかじめ保証料も説明したいというご要望がある場合、当信用保証協会では該当する保証料の区分等、料率の目安をお知らせすることにより、資金調達計画をサポートします。

   
 

4.料率の弾力化対象外の保証もあります

 

・原則として、全ての保証が経営状況を踏まえて弾力化されますが、特別小口保証(個人)、流動資産担保融資保証、セーフティネット保証など一部の保証には一定料率が適用される保証制度もあります。

・新規創業者で決算申告を行っていない方、個人事業主で申告時に貸借対照表を未作成の場合は、一定料率(年1.35%)となります。

   
 
5.保証料の返戻について
 

最終履行期限前に保証付融資が完済された場合は、お支払いいただいた保証料を所定の範囲で返戻する場合があります。
ただし、返戻額が1,000円以下の場合は返戻の対象としていませんので予めご了承ください。

 

※条件変更における保証料の再計算について

保証料は、保証期間や返済方法変更等の条件変更の手続きを行うと、再計算されます。

期日一括返済の融資を一部内入する場合、期間短縮を伴わなければ、条件変更の手続きは不要ですが、条件変更の手続きを行うと、保証料の再計算が可能になり、お支払いいただいた保証料を所定の範囲で返戻する場合があります。

   
    このページの先頭へ
     
保証料計算シミュレーション
  信用保証料(概算額)の計算ができますので、保証利用の際の参考としてご活用ください。
  保証料計算シミュレーション
   
    このページの先頭へ
     
保証制度を探す
 おすすめの制度
  ■新制度のご紹介
  経営力強化保証
経営力強化   詳細を見る
 
  金融機関や認定経営革新等支援機関と連携して事業計画の策定支援や継続的な経営支援を行い、経営力の強化を図る保証制度  
       
  レント
    詳細を見る
 
  不動産賃貸業を営む個人事業主が新たな賃貸用不動産を購入するにあたり、信用保証によって資金の調達を支援することを目的とする制度  
    このページの先頭へ