HOME > 保証制度について > 東日本大震災復興緊急保証
保証制度について
東日本大震災復興緊急保証
  東日本大震災により著しい被害を受けた中小企業者に係る経営の安定に必要な資金について行う保証制度
   
こんな方におすすめ
  東日本大震災による被害を受けられた方  
      このページの先頭へ
       
この制度の基本情報
ご利用いただける方
下記のいずれかに該当する方
1. 特定被災区域内で地震・津波等による直接被害を受けた中小企業者
2.

原発事故に係る警戒区域、計画的非難区域、緊急時避難準備区域内に事業所を有する中小企業者

3.

特定被災区域内に事業所を有し売上高等が著しく減少した中小企業者

4.

特定被災区域の事業者との取引関係により、売上高等が著しく減少した中小企業者

5.

震災に起因して急激なう取引の減少(キャンセル等)が発生したこと等により売上高等が著しく減少した中小企業者

保証限度額 2億8千万円(うち無担保8千万円)
資金使途 経営の安定に必要な事業資金
保証期間・返済方法 10年(据置期間24ヶ月以内を含む)
信用保証料率 0.70%(一定料率)
連帯保証人 会社 原則として代表者(実質経営者)以外は徴求しません
個人 原則として実質経営者以外は徴求しません
担保 必要に応じて
貸付利率 金融機関所定利率
      このページの先頭へ
       
保証制度を探す
      このページの先頭へ