保証制度について
経営力向上関連保証
  主務大臣より、経営力向上計画の認定を受けた中小企業者が、本保証制度の対象となります。経営力向上に係る事業のうち「新事業活動の実施に必要となる資金」を、本制度にて調達できます。
   
この制度の特徴
  人材育成、設備投資などによる生産性向上を積極的に支援!  
      このページの先頭へ
       
この制度の基本情報
ご利用いただける方 経営力向上計画の認定を受けた中小企業者
保証限度額

普通保証2億円

無担保保証8,000万円

無担保無保証人保証1,250万円

新事業開拓保証3億円(組合等6億円)(一般分と合算)

海外投資関係保証3億円(組合等6億円)(一般分と合算)

通常枠とは別枠になります。

資金使途 認定経営力向上計画に従って行われる経営力向上に係る事業のうち新事業活動の実施に必要となる運転・設備資金
保証期間 保証期間:原則として運転5年、設備7年(据置期間1年)
返済方法 返済方法:原則として均等分割弁済
保証形式 証書貸付
信用保証料率

責任共有0.68% 責任共有外0.80%

新事業開拓保険を利用する場合0.98%

新事業開拓保険にかかる他の保証制度と合わせ無担保5,000万円以下の場合  0.68%

海外投資投資関係を利用する場合0.98%

※一部例外があります。

連帯保証人

会社 原則として代表者以外は徴求しません

個人 原則として実質経営者以外は徴求しません

担保 8,000万円超は、原則有担保となります
貸付利率 金融機関所定利率
お問い合わせ先 業務企画課 TEL:043-221-8185
 

★認定申請に関する事務手続き及び認定申請に関する様式についてはこちら

 (中小企業庁ホームページにリンクします)

     
       
保証制度を探す
      このページの先頭へ